スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人芝居企画なのに「全キャスト」とは如何に。

実は、この企画ちょっと変則的になっています。

前川が書いた2人芝居の台本を高木が手直しする。
そのホンを、3組の俳優と演出で上演する。

ということになっていまして。
つまり「愛のゆくえ(仮)」公演は3組のプログラムで上演されます。


3組をそれぞれ A, B, C と分けてご紹介します。

A) 演出/寺十吾  出演/前川麻子、瀧川英次
B) 演出/前川麻子 出演/寺十吾、赤澤ムック
C) 出演/寺十吾、前川麻子


という案配で、各組の相手役キャストがようやく決まった次第。



マエカワと寺十が2人芝居をする、のみならず、
同じホンを、それぞれ違う相手役と演じ、お互いに演出し合う。




しかも、赤ペン瀧川先生は七里ケ浜オールスターズの主宰、
ムックちゃんは黒色綺譚カナリア派の主宰。

何しろキャストが全員、ぜ・ん・い・ん、演出家。


もう、なんだか変態です。
いえ、大変です。


ABCをすべて1回で観られるわけではありません。
それぞれマチネだったりソワレだったり休演だったりになります。
でないと観る方も演る方もしんどいです。
上演プログラムは熟考中です。

準備会にご参加下さった方には企画概要を配布させて戴いています。
近日中に、ダウンロード可能になる予定です。

準備会、是非ご参加ください。
準備会に3回参加すると本公演1ステージにご招待という特典があります。
準備会は、4月、5月、7月、8月、9月の開催を予定しています。

4月の準備会、お申し込み受付中!
CoRich! または、こちらのブログのお申し込みフォームからどうぞ。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


   twitter   
  
   カテゴリ   
  
   最新記事   
  
   リンク   
  
   コメント   
  
   予告編   
  
   アンファンテリブルとは   
  

愛のゆくえ(仮)


1990年に作家・演出家の前川麻子が立ち上げたプロデュースユニット。魅力ある役者を招き、前川が作・演出を行う。公演歴40回以上。

演劇「愛のゆくえ(仮)」
同じ男女二人の物語を3組の出演者と演出で舞台化。
観客の前で試演、稽古を見てもらい意見を交換し合う「トライアル」を実施、
台本稽古映像もネットに公開した。
映画「愛のゆくえ(仮)」の脚本はトライアル以前、前川WSでの試演会で没になった戯曲が元になっている。

   facebook   
  
   お問合せ   
  

お名前:
ご連絡先:
件名:
本文:


lovewhereabouts@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。