スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<映画『愛のゆくえ(仮)』公式サイト>

いよいよ来月、映画「愛のゆくえ(仮)」が一般公開されます。
2012年1月から動き出した愛仮プロジェクト、映画は25thTIFF東京国際映画祭に正式出品され
話題となりました。先日公演を終えた演劇「愛のゆくえ(仮)」とは全く別の物語。
元オウム心理教幹部で全国指名手配された男とその生活を17年間支え続けた女
実在する男女を寺十 吾・前川 麻子が演じています。
監督・共同脚本は『へばの』の木村 文洋氏。
社会に大きな混乱を招いた一連のオウム事件の犯罪者が主人公という事で、批判も多い作品です。
「互いしか縋るものがない閉ざされた愛」とはどんなものなのか、それは私達が日頃感じる愛とは異なるものか
様々な問いや感情が沸き起こる映画だと個人的に思います。

大阪シネ・ヌーヴォでの公開も決定していますが
まずは2012年12月ポレポレ東中野にて
映画「愛のゆくえ(仮)」是非ご覧ください。

タイムテーブル
 12/1(土)~07(金) 21:00
 12/8(土)~21(金) 16:30/21:00
※12/22(土)以降は未定
料金
 前売: 1000円(Pコード:464-188)
 当日: 一般 1500円 /
 ○○ 大・専 1300円 /
     シニア(60歳以上)・高・中 1000円
※マチネ割引実施!
平日16:30の回は1000円均一でご覧いただけます

映画「愛のゆくえ(仮)」 監督 木村文洋へのメールインタビュー

(文責:成田)
スポンサーサイト

愛仮上演台本ドングリver.
愛仮上演台本クズver.

アンファンテリブル公演企画用の上演台本です。
使用許可のない有料公演を禁じます。

IMG_1431.jpg


全公演を無事に終了致しました。

スタッフ・キャストの皆さんは勿論、

トライアルからご支援下さった皆さん、公演会場でお手伝い下さった皆さん、

足を運んで観て下さった皆さん、ありがとうございました。

何かと大変な企画でしたが、本当に面白かったです。

約500名の方にご来場頂きました。

ご感想などございましたらコメント欄に御寄せ戴ければ幸いです。

twitterでのご感想まとめ(togetter)
CoRich舞台芸術!「観てきた!」ご感想ページ

   当日パンフ   

リンク先のpdfでご覧になれます。
当日パンフ外側
当日パンフ内側

   twitter   
  
   カテゴリ   
  
   最新記事   
  
   リンク   
  
   コメント   
  
   予告編   
  
   アンファンテリブルとは   
  

愛のゆくえ(仮)


1990年に作家・演出家の前川麻子が立ち上げたプロデュースユニット。魅力ある役者を招き、前川が作・演出を行う。公演歴40回以上。

演劇「愛のゆくえ(仮)」
同じ男女二人の物語を3組の出演者と演出で舞台化。
観客の前で試演、稽古を見てもらい意見を交換し合う「トライアル」を実施、
台本稽古映像もネットに公開した。
映画「愛のゆくえ(仮)」の脚本はトライアル以前、前川WSでの試演会で没になった戯曲が元になっている。

   facebook   
  
   お問合せ   
  

お名前:
ご連絡先:
件名:
本文:


lovewhereabouts@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。