スポンサーサイト   

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちこちで何度も書いているのだけど、しつこく書きます。

映画「愛のゆくえ(仮)」と、演劇「愛のゆくえ(仮)」は、まったく別のストーリーです。

演劇「愛のゆくえ(仮)」企画用に書いた同じタイトルの二つの台本を、WS内での公開稽古で試演した結果、元夫婦の複雑な心理と関係を描いたオリジナル案の台本が採用になり、オウム平田の逃亡生活をイメージした台本が没になりました。演劇としては地味過ぎる、というのが理由です。
その、いわば「愛のゆくえ(没)」台本を映画としてリサイクルしたのが、木村文洋監督「愛のゆくえ(仮)」です。

映画への出演は、演劇「愛のゆくえ(仮)」と同じく寺十吾、前川麻子。
二人芝居として充て書きした台本なので必然そうなりました。

演劇公演で採用となった台本はブログで無料ダウンロードできます。

また、演劇「愛のゆくえ(仮)」のトライアルという名称の公開稽古では、様々なゲスト、アンダーとの試演を繰り返しています。
8月は名古屋のB級遊撃隊から佃典彦さんが参加。
劇作家として岸田國士戯曲賞を受賞し、演出もこなし、名優でもある佃さん自ら「俺もやりたい!」と名乗り上げて下さいました。
つまり、この組み合わせでの公演はありません。
1000円の奇跡!

公演では、同じオリジナル台本(共作/高木登)をそれぞれ演出と演者が異なる3パターンのプログラムで上演します。

出演:寺十吾・前川麻子、演出:
出演:寺十吾・赤澤ムック、演出:前川麻子
出演:前川麻子・瀧川英次、演出:寺十吾

ややこしくてほんとすいません。
なんでこんなややこしいことやってるのか疑問に思われる方は、是非トライアルにお足運びください。お茶だのビールだの焼酎だのを用意しておりますので、呑みながらお話しましょう。
これまでのトライアルでも、毎回20名ほどのお客様に稽古を見学して戴き、チケットの料金設定やプログラムについて、稽古の内容や台本構成についてなど様々なご意見を戴いて助けられてきました。

そのトライアルも、いよいよ9月が最終回になります。
映画、演劇ともにご期待下さっている皆様に感謝して、何かと注目を浴びている映画「愛のゆくえ(仮)」(=元「愛のゆくえ(没)」)がトライアル最終回のプログラムとして先行上映されることになりました。
稽古場での上映なので劇場での鑑賞に比べると環境はイマイチですが、映画の公開は冬ですので、先行上映でご覧戴いても、忘れた頃にまた劇場で観て戴けます。

どうか最後の最後まで、余さずに見届けてやってください。


                            アンファンテリブル代表  前川麻子


スポンサーサイト

制作担当、佐藤です。こんにちは。
先日5月19日に行われた、第3回の準備会。稽古後、出演者と参加者で軽く飲みながらざっくばらんに
お話している中で、わたくしはこっそり、お客様に「制作的な助言」もいただきました。

実は、そろそろ10月末からの本公演についての大まかなことを決めて、発表していかなくてはいけない時期なのですが
「チケット」の設定について、決めかねていました。
ご存知の通り本公演は、一つの「愛のゆくえ(仮)」の台本を使用して、
3組のペアが3パターンの演出で上演するという、ちょっと特殊なものになっています。
それゆえお客様にも、可能なら3パターン観ていただきたいというのが、我々の願い。
だけどもちろん、時間的、金銭的にも、この短い上演期間内で3ステージ観るというのは厳しいものがあるとおもいます。

どうにかお客様に負担の少ない方法で、多くのステージに足を運んでもらいたい。
だけどもこちらとしても、正直なところ、運営していかなくてはならないので、そんなに価格は下げられない。
・・・そんな、せめぎ合いの中
準備会にいらしていたお客さまに意見をいただき
以下のようなチケット設定に、決定いたしましたので、発表します!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンファン・テリブル プロデュース
「愛のゆくえ(仮)」
10月30日(火)~11月4日(日)
上野ストアハウス

~チケットについて~

★一般チケット★
前売:3300円 当日:3800円
9月21日 予約発売開始
※通常のチケットになります。

★プレミアムチケット 3回通し券★
前売のみ:4200円
<9月1日~20日 期間限定発売>
50枚限定 なくなり次第終了
※早い時期から、この公演を応援してくださる皆様のために、ご用意しました。
3パターンのステージを4200円で観ることができる、お得な通し券です。
(ご来場の前に各回ともご予約は必要です)
お得な代わりに、発売期間・枚数を限定させていただいております。
おススメ!です。

★リピーター割引★
2ステージめ 2000円
3ステージめ 1000円
(半券の提示・ご来場の前に各回とも予約 が必要です)
※一般チケットをお求めのお客様で、別のパターンのステージも見たい!という方へ
お求めやすい価格でご用意しました。

★ツイッター・Facebook・CoRich!割引★
・ツイッターでタイトル「愛のゆくえ(仮)」の入った文章をつぶやく
・Facebookで「愛のゆくえ(仮)ファンページ」にいいね!を押す
・CoRich!舞台芸術の「愛のゆくえ(仮)」公演ページに「観たい」「観てきた」を記入
していただいたお客様には、当日受付にてチケット代より200円割引!!
※事前にこの公演へ関心をもっていただいたお客様、情報を広めていただいたお客様に
感謝の気持ちを込めて、キャッシュバックさせていただきます。
動作が分かる携帯画面などの掲示をお願いしようと思いますが
もし、今日これから見た感想をブログに書こうと思っている・・などの熱い事前申請でも
適用したいなと思っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような形に設定させていただきました。
準備会にて特にご助言くださった、Hさん、Tさん、Kさん・・その他皆様
ほんとうにありがとうございました!

実はわたくし、舞台の制作を専門にやるのが初めてで・・・
ほんとうにわからないことだらけなのです(汗
こうして準備会にて、広くご意見をいただくことができ、制作的にも「準備会」だなーと思ったりしています。
今後もご助言いただけましたら、幸いです。

さて、これら本公演に関する「チラシ」と、内容の情報につきましては
7月1日に解禁の予定となっております。
「チラシ」もついに出来上がってまいりますので
7月1日のこのブログを、どうぞお楽しみに!

2人芝居企画なのに「全キャスト」とは如何に。

実は、この企画ちょっと変則的になっています。

前川が書いた2人芝居の台本を高木が手直しする。
そのホンを、3組の俳優と演出で上演する。

ということになっていまして。
つまり「愛のゆくえ(仮)」公演は3組のプログラムで上演されます。


3組をそれぞれ A, B, C と分けてご紹介します。

A) 演出/寺十吾  出演/前川麻子、瀧川英次
B) 演出/前川麻子 出演/寺十吾、赤澤ムック
C) 出演/寺十吾、前川麻子


という案配で、各組の相手役キャストがようやく決まった次第。



マエカワと寺十が2人芝居をする、のみならず、
同じホンを、それぞれ違う相手役と演じ、お互いに演出し合う。




しかも、赤ペン瀧川先生は七里ケ浜オールスターズの主宰、
ムックちゃんは黒色綺譚カナリア派の主宰。

何しろキャストが全員、ぜ・ん・い・ん、演出家。


もう、なんだか変態です。
いえ、大変です。


ABCをすべて1回で観られるわけではありません。
それぞれマチネだったりソワレだったり休演だったりになります。
でないと観る方も演る方もしんどいです。
上演プログラムは熟考中です。

準備会にご参加下さった方には企画概要を配布させて戴いています。
近日中に、ダウンロード可能になる予定です。

準備会、是非ご参加ください。
準備会に3回参加すると本公演1ステージにご招待という特典があります。
準備会は、4月、5月、7月、8月、9月の開催を予定しています。

4月の準備会、お申し込み受付中!
CoRich! または、こちらのブログのお申し込みフォームからどうぞ。

こんにちは、前川です。

出演していた芝居が無事終わり、さていよいよ今週は準備会です。
予てよりお知らせの通り、寺十さんの参加が確定できないため、今回のみ代役客演をお願いしています。

お一人は劇団S.W.A.T! の瀧下涼さん。

寺十さんと瀧下さんは以前からの知り合いらしいですが、私は最近知り合ったばかり。

こないだ、寺十さんと別件の打ち合わせで飲んでいて、名古屋の劇団B級遊撃隊の吉村公祐くんを呼び出したとき、
吉村くんが稽古中の共演者として飲みの席に連れてきてくれたのがタッキー。

劇団S.W.A.T! は、その昔「第三帝国」という劇団で、私が18歳の頃にやっていた劇団と同じくらいの時期に同じ劇場を使っていたので、何だかご縁があります。

でも私はタッキーの芝居を知らない。
第三帝国は愛とか夢とか冒険とかの熱い話をやる劇団だったなあ、笑いもいっぱい取ってたなあ、と記憶していますから、余程でなければS.W.A.T! だってそう変わらない路線なんじゃないか。
ということは、そういうがっつり系の役者さんなのか、などと想像しています。

で、もう一方が石塚義高さん。

こちらも寺十さんとは旧いお付き合いらしく、私は去年、寺十さんが「悪夢くん」という芝居の演出をしているときに稽古を見学させてもらった時が、初めまして。
「悪夢くん」では遊び人の二枚目俳優の役をやっていたので、そういうキャラかと思いきや、大変に生真面目で真直ぐな人なんだなあと、稽古の後の飲みの席で感じました。

実は、タッキーと石塚くんは、過去に共演しているらしい。
「にんじんボーン」というユニットがあって、元々は「ぼくらの調査局」という劇団の宮本さんが主宰で、私も「ぼくらの調査局」には何本か出してもらっている。
なので、「にんじんボーン」=「僕らの調査局」=宮本さん、と考えれば、私にもお二人とのつながりがあったわけです。

宮本さんはエチュードに強い人。
てことは、にんじんボーンに出たんだから、タッキーも石塚くんもきっとエチュードに強い。

と、勝手に想像しています。

とにかくお二人とも寺十さんの強力プッシュ、ご指名の代役です。
ほんとは代役なんてお願いするのも失礼なちゃんと看板の出せる役者さんなのですが、無理をお願いしました。

お二人にはそれぞれ、私と寺十さんバージョンの話に出てくる「弟」をやってもらおうと思います。
弟バージョンは台本がありません。
準備稿から拾った情報を元にしてのエチュードになります。
うわあああああ、愉しみ。

でも、「もしかしたら行けるかも」と寺十さんが言っているので、その場合には、
寺十さんと兄貴バージョン、タッキー弟バージョン、石塚弟バージョンの3通りのエチュードをやることになります。
恐ろしいです。

お芝居が産まれ落ちる瞬間を、ぜひ視てください。
稽古場でお待ちしています!


   twitter   
  
   カテゴリ   
  
   最新記事   
  
   リンク   
  
   コメント   
  
   予告編   
  
   アンファンテリブルとは   
  

愛のゆくえ(仮)


1990年に作家・演出家の前川麻子が立ち上げたプロデュースユニット。魅力ある役者を招き、前川が作・演出を行う。公演歴40回以上。

演劇「愛のゆくえ(仮)」
同じ男女二人の物語を3組の出演者と演出で舞台化。
観客の前で試演、稽古を見てもらい意見を交換し合う「トライアル」を実施、
台本稽古映像もネットに公開した。
映画「愛のゆくえ(仮)」の脚本はトライアル以前、前川WSでの試演会で没になった戯曲が元になっている。

   facebook   
  
   お問合せ   
  

お名前:
ご連絡先:
件名:
本文:


lovewhereabouts@gmail.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。